歯の根の治療も最終段階家庭内正常化作戦 その1〜お茶を沸かす(笑)〜

2014年04月15日

神経を抜いた歯に土台を入れる

インプラント手術・治療の経過というよりは、
もはや神経を抜いた歯の経過になりつつある歯の治療記録(笑)

3/24に神経抜いた(歯髄を取った)部分に最終段階の消毒の薬を入れました

「水酸化カルシウムよりも強い薬だから痛むかも」と言われ、不安でしたが
歯医者に行った当日と翌日に痛んだだけでした
(翌日はロキソニンSを飲みました。当日は、治療後にもらったロキソニンを飲んだ)

4/5に歯医者に行って、根の治療の続き(土台入れ)をしてもらいました
土台はファイバー?かなにかの、しなるタイプです

1回目のインプラント治療の時(1年半くらい前?)に説明してもらったきりなので、
もう忘れちゃった(^_^;)


土台は入れたけど、まだ型を取ってないので、本歯になるのはまだ先です

実は、仮歯で歯茎にダメージが与えられていて
型を取るのは、それが治ってからっぽい


次回は、いよいよインプラントにした部分に仮歯が入ります!
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
歯の根の治療も最終段階家庭内正常化作戦 その1〜お茶を沸かす(笑)〜