『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年アメリカ)〜死ぬまでに観たい映画1001本〜『トーク・トゥ・ハー』(2002年スペイン) 〜死ぬまでに観たい映画1001本〜

2014年06月28日

『WALKABOUT 美しき冒険旅行』(1971年イギリス) 〜死ぬまでに観たい映画1001本〜


movie監督:ニコラス・ローグ
出演:ジェニー・アガター、リュシュアン・ジョン、デヴィッド・ガルピリル


無理心中しようとする父親から逃げ、
オーストラリアの砂漠をさまようことになってしまった姉弟

急なことだったので、砂漠を歩く十分な備えがない

なんとか、水の湧いている場所を見つけて、命をつなぐが、
その水もすぐに干上がってしまう

水がなくて困っているところに通りがかったアボリジニの少年
アボリジニの少年は、Walk About(ウォークアバウト)中だ

Walk Aboutとは、アボリジニが一人前になるための儀式
13〜15歳になると、数か月間 荒野で1人で生き抜かなければならない

姉弟は、言葉が通じないながらも必死に、
アボリジニの少年に水が欲しいと訴え、水の飲み方を教えてもらう

その後も行動を共にし、
彼のおかげで生き抜くことができたのだが・・・

→ WALKABOUT/美しき冒険旅行 DVDrental


 


何の予備知識もなく、いきなりこの作品を見たので、
かなり衝撃を受けました

「え?これが死ぬまでに観たい映画1001本に選ばれてるの?」って感じ


わからない事が多すぎたため、検索してみると、
カルト映画の最高傑作と言われてる作品だと知りました

カルトっていうのは、少ないけど熱狂的なファンがいるってことで、
熱狂的ファンがついた理由は、
姉役(ジェニー・アガター)が全裸で泳ぐシーンが美しいから・・・だとか

たしかに綺麗だけど・・・「え?そこ?」みたいな(笑)


カンガルーをさばくシーンがあるんですが、それもちょっと衝撃が走ります

日本では、カンガルーって、動物園やテレビで見る動物
見るための動物

でも、アボリジニにとっては、生きてくために食べる動物

見て楽しむためのものと思っている動物を
狩りで捕まえ、さばいて食べるシーンを見るというのは、
「あぁ、そうか、そうなんだな」と複雑な気分になりますね

でも、近くにいる動物を狩って食べるというのは、ごく自然なことですよね


この映画がおもしろい・・・かどうかはわからないけど、
強い印象を残す映画であったことは確かです

アマゾンのレビューDMMのレビューが全然違ってるのがおもしろい

あなたはどう感じるでしょうか?


 

ちなみに、私はスカパーの基本パックに入ってる映画チャンネルで見ました
1つのジャンルにとらわれず、いろんな映画が見れるから、おすすめです


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
confiant at 17:57│Comments(0)映画 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年アメリカ)〜死ぬまでに観たい映画1001本〜『トーク・トゥ・ハー』(2002年スペイン) 〜死ぬまでに観たい映画1001本〜