2014年07月25日

『シェルブールの雨傘』(1963年フランス)〜死ぬまでに観たい映画1001本〜


movie監督:ジャック・ドゥミ
出演:カトリーヌ・ドヌーブ、ニーノ・カステルヌオーヴォ、マルク・ミシェル


フランス北西部の港町シェルブールが舞台のラブストーリー

自動車修理工の若者ギイ(20歳)と傘屋の少女ジュヌヴィエーヴ(17歳)
強く惹かれあう2人は、結婚したいと考えている

ジュヌヴィエーヴは思い切って母親に
「好きな人がいて、結婚したいと思っている」と打ち明けるが
「まだ若い」「相手はまだ兵役も終えてない」と反対されてしまう

反対されたことをギイに告げると「ゆっくりいこう」と言ってくれるが
ギイに徴集礼状が届き、戦地へ行かねばならなくなった

ギイの兵役は、予定では2年
若い2人には長い

離れ離れになった2人は・・・

→ シェルブールの雨傘 DVDrental



 

死ぬまでに観たい映画1001本に選ばれている作品です

『シェルブールの雨傘』の音楽は知っていましたが、
ミュージカルとは知らなかった!

だから、はじめはびっくりしました

母親の口から「兵役がまだ終わってない」と出たときから
「あぁ、彼は戦地に行ってしまい、
その間の彼女の葛藤と、帰ってきた彼との再会を描いた作品なんだな〜」
と思っていました

それは当たってたんだけど・・・

映画は再会したところで終わりでした(笑)

現代なら、むしろ再会後を描くよね
たぶん、これは昔の映画の特徴なんだと思う

っていうか、現代のはすでにある映画とかぶらないようにした結果、
再会後を描くようになったのかもしれないね

でも、再会後も描かれると思い込んでたから、
再会したところで終わるというのは斬新です

ドロドロしなくていいし(笑)


ミュージカル映画だから台詞が全部歌で、
しかも、フランス語だから、すごくやわらかい印象です

全体的 やさしくて、切なさもありながらさわやかで
素敵な作品です


ちなみに、私はスカパーの基本パックに入ってる映画チャンネルで見ました
1つのジャンルにとらわれず、いろんな映画が見れるから、おすすめです


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
confiant at 23:37│Comments(0)映画 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字